• 〒114-0034 東京都北区上十条5-42-8
  • 03-5948-5530

日祝
休院

営業時間
10~19:00

Studio Earth

地球~アース~と繋がり、大地の気を取り入れよう
電場の影響が少ない生活環境で過ごそう

*電気によるカラダへの影響

ここでは、良質な睡眠環境を左右する電磁波についての紹介になります。 私たちの快適な生活を支える電気は、あらゆる場面で必要不可欠なものとなっています。その電気と人の距離が近い場合、身体へ影響を及ぼしてしまう場合があります。 ※電磁波は「電場」「磁場」からになりますが、ここでは「電場のみ」を焦点にご紹介します。

慢性的な症状をお持ちの方には、自律神経が大きく乱れていることがあります。当院では症状に対して、「局所的な経絡調整」と「全身的な経絡調整」によって、症状の消失と深い睡眠を促し自律神経が安定していくことで、早期の治癒と再発や新たな病の発生を防いでいきます。

◇深い睡眠を妨げる要因

  1. ①悩みや心配事などの強い精神的なストレス
  2. ②明るい部屋や騒音・寒暑などで神経が休まらない
  3. ③「電場による身体の表面への刺激がある」など
Earthingイメージ

電場は、「目に見えない」ため、日頃の疲れや痛み、湿疹やかゆみに対して、要因と考えることはないでしょう。あまりに日常に身近すぎる電気。電磁波による身体への影響は、まだ研究段階にあるため、明確な科学的見解の提示がなされていません。その為、懐疑的に思われる方が多いでしょう。

とはいえ、使用法によっては電場の影響により発症してしまうケースが多くあるようです。原因不明の症状などでお悩みを持たれる方には、意外な発見があるかもしれません。(電場との関連性がある場合に限りますので、誤解のないように。)この機に生活環境を点検されてみてはいかがでしょうか?
以下に、睡眠環境に焦点をあてた動画を用意しました。

「爽やかな朝のために」
※電気(電場)を検電器で視角化、計測器で数値化をしています。

◇爽やかな朝のために【まとめ】と【補足】

  • ○電場は発信源に近づくと数値が高くなります。離すことで数値は低くなります。
  • 電場は静電気と同様にほこりなどを集めることで、湿疹やかゆみなどを誘発しやすくなります。
  • 枕元や布団から、「家電製品を離す」か「コンセントから抜く」ことをおすすめします。
  • スマホやゲーム機などは充電中の使用は控え、「本体のみ」で使用しましょう。
  • ○日没以降、PCやスマホなどをご使用の際は、なるべくブルーライトをカットしましょう。

※睡眠中に≪充電中≫のスマホが身体の下敷きや枕の下・布団の中などで、高温にさらされるとバッテリーがショートする危険性があります。また、寝具や毛髪・汗などがコネクタ部へ付着し発煙や発火する可能性もあるため、スマホやタブレット、ゲーム機などは布団から離しましょう。
http://www.mcpc-jp.org/safe/answer.htm#top

※睡眠を焦点とした動画のため、「日中に帯電した電場は基本的に自然放電されるため、悪戯に 怖がる必要はありません」と表示しましたが、実際には日中ご使用するPCなども高い電場を 発しています。アースすることで、大幅に身体への負担は軽くなります。
⇒アースコンセントへの接続をおすすめします。
⇒アースコンセントがない場合は、当ページの最後尾に紹介しているエコレにて、アースコン セントがなくてもPCなどのアースが取れる「プラグインアース」を取り扱いしています

*電場の影響が疑われる症状

電磁波(電場)は静電気と同様に身体を覆い、ホコリや塵・ダニの死骸などを皮膚や粘膜に付着させ、炎症を引き起こす可能性があります。電場の程度によっては、睡眠中に雑菌へ対する免疫反応が長期的に起き続けてしまいます。また、免疫反応によって発生した炎症を抑える副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)が抑制されず、身体にさまざまな影響を起こすことも考えられます。Life1-2参照

特に影響を受けやすいのは「お子様」「肌の弱い方」「ご病気で体力の消耗が著しい方」になります。肌が弱く感受性が強い状態で刺激が過度になると、下記のような症状を誘発しやすいと考えられています。

○大人の症状

頭痛、頭が熱い、異常な汗、目の充血や痛み・チカチカ、のどの痛みや渇き、くしゃみ、鼻水、リンパの腫れ、耳鳴り、難聴、めまい、呼吸障害
手足のかゆみ・シビレ・痛み、じんましん、乾燥、ひび割れ、肩の痛み、震え、動悸、食欲不振、吐き気
倦怠感、原因不明の痛み、集中力低下、記憶障害、イライラ、情緒不安定など。

○お子様の症状

アトピー、じんましん、夜泣き、おねしょ、不眠、頭からの異常な汗、疲れやすい、キレやすいなど。

※上記の症状もケースによって対応が変わります。
  • a.電場の影響がある
  • ①電場のみで発症(軽度)→電場を取り除くのみで改善
  • ②電場のみで発症(重度)もしくは、以前から上記の症状があり電場が加わることで更に助長
  • →電場を取り除き、症状に対する治療と体質の改善
  • b.電場の影響がない
  • ③電場とは関係がなく発症→症状に対する治療と体質の改善

ここで誤解を避ける上でお伝えしたいのは「電磁波(電場)が悪いということではなく、基本的には日中に帯電した電場は生活の中でいつの間にか自然に放電されるため、神経質になる必要はありません。低周波治療器などのように短時間の場合は有益に働くものも多くあります。しかし、睡眠中のメラトニンを分泌する時間帯で、睡眠中の長時間・長期間にわたり体表を高い電場で覆われた放電ができない状況は、身体に負担がかかることといえます。未解明な部分も多い分野ですが、睡眠時は電気的な刺激(肌や粘膜へのストレス)が少ない方が良質な睡眠が得られると考えています」という点になります。

*なぜ、電場の影響を受けてしまうのでしょうか?

  1. ①日本と海外の家庭用コンセントとアースの違い
    • ・日本の家庭用コンセントは100Vを使用していますが、海外のほとんどの国では200V以上の高い電圧を使用しています。
    • ・海外の200Vは感電死の危険性がある為、家電製品のアース取り付けは義務化されています。
      その為、海外では余分な「電場」はアースされ帯電することはありません。
      ※海外では「磁場」に関する研究は多くありますが「電場」に関する医学的な研究や関心は薄いようです。日本と外国の電気設備の違いによるものなのかもしれません。
    • ・日本では、感電しやすい水回り(冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなど)以外はアース付きコンセントにはなっていません。他の家電製品からは電場が周辺に発生しているので、距離が近い場合は帯電をしやすい状況となります。その為、一定距離を保つかアースをとる必要があります。
  2. ②日本の電力使用量と住宅環境
    日本の国土面積は世界61位という小さな島国ですが、電気の使用量は世界第3位の大量消費国になります。※この50年間で使用量は10倍に増加。
    世界的には小さな土地に住居を建てる日本では、狭い空間にアースのない家電製品が密に並ぶことも多く、必然的に帯電による影響も多くなりやすい環境です。
  3. ③家電製品との付き合い方
    1.未使用時はコンセントからプラグを抜きましょう。 家庭用の介護ベッドなどは節電用コンセントタップを使用し、リクライニング時以外はスイッチをオフにすることをおすすめします。
    2.離れる。もしくは離す(移動する) 長時間の滞在する場所(居間や寝室など)の家電製品を注意しましょう。
    3.アースする 冷蔵庫や洗濯機などの200V家電は必ずアース接続をしましょう。
    ※以上で、基本的には電場による身体への影響は少なくなります。

◇身近な家電製品の電磁波を知ってみよう

下記サイトにて、家電機器の電磁波測定をご覧になれます。さまざまな情報と共に測定動画をご覧になることで、電磁波について憶測ではない理解を得ることができます。
※本頁の動画「爽やかな朝のために」では、ぬいぐるみでの計測でしたが、下記では㈱レジナにて制作された「人体での電場を計測した動画」や「電磁波についての詳しい解説」が掲載されています。

*スタジオ・アース 十条

当院では、(社)日本電磁波協会との協力により「スタジオ・アース 十条」を併設し、「電気とのなかよし生活」のコツをお知らせしています。また、「アースすることで体表の電場が放電され、人体への影響が少なくなる」その様子を、計測器を使用し数値と共に体験することができます。
※ご希望の方は、Contactよりご予約を頂いた上でご来院願います。(施術中や出張時はご対応ができないため)

〇「元気が湧くライフスタイル」セミナー
当セミナーでは、「身近な家電製品となかよく過ごすコツ」をご紹介させて頂いています。ご希望の方はお問合せください。
詳しくはこちら→Seminar
〇電磁波(電場)をアースする商品の通販
  • 「EARTHのある生活~電磁波を対策するということ~」(税込¥970)
  • 「アース革命~快適に暮らすための家庭の電気のはなし~」(税込¥1,296)
  • 3,000件以上の住居やオフィスでの電磁波測定の活動をされてきた土田直樹氏の書籍です。
    当院にて販売しております。
  • 「血流は静電気デトックスでよみがえる 西谷雅史医師」
  • EARTHのある生活~電磁波を対策するということ~アース革命~快適に暮らすための家庭の電気のはなし~血流は静電気デトックスでよみがえる
〇電磁波測定サービス

ご自宅の住居環境で、電磁波が気になる方には「電磁波測定サービス」(税別¥12,000)を行っています。
※当院で受付しております。Contactよりお問合せ願います。
下記で認定された一級電磁波測定士がご訪問し測定いたします。
(社団法人)日本電磁波協会
〇電磁波アース商品などの通販
*ご購入の際、担当者コード欄に当店「EME00261」入力→10%オフでご購入ができます。

ご予約・お問い合わせはお気軽に

03-5948-5530

診療時間

10:00~19:00

休診日

日祝

アクセス

〒114-0034
東京都北区上十条5-42-8

アクセスを見る